海外で免許を取得する

海外で免許を取得する

2017.08.15
/ / /
Comments Closed

回転翼自家用操縦士免許は商用目的では操縦できないのですが、趣味として操縦する他に友人や家族などを無償で乗せることが可能です。また、自家用操縦士免許は国内で取得のみならず、アメリカなどの海外で取得も可能です。日本での取得は技量を確実に手に入れられますし、プロを目指す場合にスムーズに試験を受けられるのがメリットですが、日本では半年以上はかかるといわれている取得期間を海外ではさらに短い期間で取得が可能であり、費用も安く済ませられます

免許取得するためには規定の飛行時間を満たすことが条件です。総飛行時間40時間以上や単独飛行5時間以上、同乗教育飛行20時間以上などの日本の基準に基づいた条件を満たすことが条件です。

自家用免許取得は米国で取得する場合、ビザ申請や学科試験対策を行ってから渡米します。その後、飛行前後のブリーフィングや学科試験対策、口述試験対策などの座学や、基本の飛行訓練や単独飛行、夜間飛行などを通して、実地試験を行います。合格した後、規定の飛行時間を満たしていなければ飛行時間を充足します。その後日本に帰国し、日本でも学科試験合格をした後に米国ライセンス書き換え申請を行えば免許取得です。

海外で免許を取得して日本でヘリコプターを操縦しましょう。


Comments are closed.