活躍の場について

活躍の場について

2017.08.22
/ / /
Comments Closed

パイロットの平均年収は現在1,500万といわれおり、中には2,000万以上の方もいるようです。給料の面からみても高収入であり、大変魅力的なお仕事ですが給料のみならず責任感が問われる大変重要な職業です。

経済成長が著しい中、日本のみならず世界各地でパイロット不足の時代のようです。そのため事業用操縦士免許取得をすると活かせる仕事がたくさんあります。国を守るために全力を尽くす海上保安庁や消防庁、都道府県警察といった官庁での勤務、遊覧飛行や操縦訓練、ドクターヘリなどの民間企業、移動手段の一つとして利用するための自家用運航などがあります。ヘリコプターに乗せている人の命を預かっているのみならずヘリコプターで向かっている先の人の命を預かっているため、本気で仕事をしたいと考えている方には事業用操縦士免許の取得を勧めたいです。

けれども免許を取得しただけでは簡単に就職できるものではありません。事業用操縦士免許を取得して活躍できる業界は責任感が問われる仕事が大半です。ヘリコプターからの災害救助やドクターヘリは免許を取得している方がいなければできません。働き甲斐が非常にある分、スキルが非常に要求されます。新人のうちは経験を積み重ねていき、社会で通用する人間性を自分で売り込み、努力をして就職を目指しましょう。


Comments are closed.