Latest Posts

活躍の場について

2017.08.22
/ / /
Comments Closed

パイロットの平均年収は現在1,500万といわれおり、中には2,000万以上の方もいるようです。給料の面からみても高収入であり、大変魅力的なお仕事ですが給料のみならず責任感が問われる大変重要な職業です。

経済成長が著しい中、日本のみならず世界各地でパイロット不足の時代のようです。そのため事業用操縦士免許取得をすると活かせる仕事がたくさんあります。国を守るために全力を尽くす海上保安庁や消防庁、都道府県警察といった官庁での勤務、遊覧飛行や操縦訓練、ドクターヘリなどの民間企業、移動手段の一つとして利用するための自家用運航などがあります。ヘリコプターに乗せている人の命を預かっているのみならずヘリコプターで向かっている先の人の命を預かっているため、本気で仕事をしたいと考えている方には事業用操縦士免許の取得を勧めたいです。

けれども免許を取得しただけでは簡単に就職できるものではありません。事業用操縦士免許を取得して活躍できる業界は責任感が問われる仕事が大半です。ヘリコプターからの災害救助やドクターヘリは免許を取得している方がいなければできません。働き甲斐が非常にある分、スキルが非常に要求されます。新人のうちは経験を積み重ねていき、社会で通用する人間性を自分で売り込み、努力をして就職を目指しましょう。

海外で免許を取得する

2017.08.15
/ / /
Comments Closed

回転翼自家用操縦士免許は商用目的では操縦できないのですが、趣味として操縦する他に友人や家族などを無償で乗せることが可能です。また、自家用操縦士免許は国内で取得のみならず、アメリカなどの海外で取得も可能です。日本での取得は技量を確実に手に入れられますし、プロを目指す場合にスムーズに試験を受けられるのがメリットですが、日本では半年以上はかかるといわれている取得期間を海外ではさらに短い期間で取得が可能であり、費用も安く済ませられます

免許取得するためには規定の飛行時間を満たすことが条件です。総飛行時間40時間以上や単独飛行5時間以上、同乗教育飛行20時間以上などの日本の基準に基づいた条件を満たすことが条件です。

自家用免許取得は米国で取得する場合、ビザ申請や学科試験対策を行ってから渡米します。その後、飛行前後のブリーフィングや学科試験対策、口述試験対策などの座学や、基本の飛行訓練や単独飛行、夜間飛行などを通して、実地試験を行います。合格した後、規定の飛行時間を満たしていなければ飛行時間を充足します。その後日本に帰国し、日本でも学科試験合格をした後に米国ライセンス書き換え申請を行えば免許取得です。

海外で免許を取得して日本でヘリコプターを操縦しましょう。

ヘリコプターの免許を取得

2017.08.14
/ / /
Comments Closed

ヘリコプターの免許を取得して仕事や趣味で操縦をしませんか?揚力を必要とする飛行機と比較して、ヘリコプターは回転翼というプロペラを持っているため、バックや空中で止まることが可能なことが大きな特徴です。ヘリコプターは回転翼航空機とも呼ばれます。この回転翼によって、屋上などの狭いスペースでの離着陸や空中での停止が可能であるため、人命救助や貨物輸送など幅広い用途で使用されています。

報道番組等でヘリコプターを使って人命救助をしている様子では、カンタンに停止しているように私たちには見えますが、ボバリングという操縦方法によって一時停止しています。ボバリングはとても難しい技術です。何も問題なく停止しているように見えますが、両手両足すべてを駆使して操作を行うのです。そのため慣れていない最初はヘリコプターがフラフラして大変なようです。

また、パイロットになりたいが視力が悪くて心配という方も裸眼の視力でなくても矯正視力各眼0.7以上、両眼1.0以上があれば航空身体検査に合格できます。そして、女性でも免許を取得して活躍している方が日本でも多数います。

ヘリコプターの免許には自家用操縦士免許と事業用操縦士免許の2種類があります。自家用操縦士免許を取得すると個人の趣味としてのフライトが可能になり、事業用操縦士の免許を取得すると、官庁や民間企業、そして自家用運航など免許を生かせる仕事が多くあるため活躍が期待されます

ここでは、ヘリコプターの免許取得に関すること、そして免許を取得するとどのような仕事に就けるのかを紹介します。